時間はかかるが低コスト

模型

鉄道や飛行機より低コスト

毎年、夏休みなどの長期休暇シーズンを前にするとテレビで特集が組まれるほどに有名になった交通手段が、夜行バスです。夜に出発して乗客は車内シートで1泊し、朝に終点の駅に到着するバスのことです。まだ夜行バスがそれほど知名度を得ていなかった頃は、終電を逃した人のためにバス会社が運行する深夜バスと間違えて覚えている人がいましたが、今ではそういった誤解は皆無と言っていいでしょう。夜行バスが多くの利用者に支えられ、交通手段として知名度を上げた最大の理由はそのコストにあります。例えば、旅行を企画したときの費用の3大柱は、交通費、宿泊費、食費です。目的地としている観光施設に高額な入場料を必要とするなら、その費用も馬鹿になりません。ここで交通費と宿泊費という二つを一挙にローコストにできる手段が、夜行バスというわけです。新幹線移動に1万円かかるというなら、バスはその半額前後で移動できます。車中泊をするので、ホテル代も必要ありません。目的地に到着するのは早朝なので、着いたらすぐ観光施設に足を運ぶことも可能ですし、朝食をカフェのモーニングで済ませても、まだ費用ばバスの方に軍配があがるというわけです。以上の理由から、夜行バスは主にコストを抑えた旅行がしたい学生に受け入れられてきました。今では旅行だけではなく、帰省や就職活動にも活用されています。遠隔地で催される企業説明会や面接への移動手段にも使えるからです。しかし車中泊は安眠しにくい移動なので、若い世代ではない社会人の出張で使われるケースはまだ珍しいようです。

Copyright© 2018 夜行バスに乗り旅行へGO【他の移動手段より値段が安くておすすめ】 All Rights Reserved.